プティーヌの宴会メニューはこちら  >>

   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私を子どもの頃から知ってる奴



我が家のシンビジュウム、私がかつて結婚するときに母に株分けしてもらって以来、たいして世話するでもないのに毎年必ず何本かは花をさかせてくれています。


一昨年古いバルブを付けたまま植え替えてからは固形肥料も与えず、スパルタ…むしろネグレクトで育てていますが、やっぱり季節が巡ってくると、健気に花を付けてくれるのです。


大抵その頃は忙しく、花目がついてもなかなか気がつかなくて、何かの時に折れた花をみて「あら!」などと気付くのです(丿 ̄ο ̄)丿

花も甲斐がないでしょうねぇ…(T^T)


今日も洗濯物の暖簾をくぐって「たまには水でもやろうかな」としたときに、折れた花枝をみつけたのです。


そうか、今年も頑張ったんだね。


葉っぱを撫でていると、何だか愛しく思いました。
今年は何だか少し早いかな?


古株をたくさん付けて、ちょっとみっともない鉢姿。来年は少し見栄え良く植え替えてやろうかな。

30年以上前の古い品種だから、最近の花のように派手な色や形ではないけれど、私が生きている間は育て続けようと思っています。


のむらせんせー(^^)v

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。