プティーヌの宴会メニューはこちら  >>

   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿題

先日、「ピクルス」と「マリネ」の違いについて、お客様に聞かれたのですが、明確に答える事ができませんでした。

何となくぼんやりと使い分けているように感じますが、今日も(金曜日なのに…)暇なので、調べてみました。

とはいえ、私の拙いツールの使い方で、簡単に答えが出てくるとは思っていませんが(-_-;)

私が学生時代に使っていた辞書には、ピクルス=西洋風漬物、漬けた野菜、果物。とありましたが、マリネについては記述はありませんでした。その頃はマリネなどという、洒落た物はなかったのかもしれません。

携帯辞書には、ピクルス=西洋風の酢漬け。
マリネ=肉や魚を酢や油などに漬けたもの。
とありました。

結論としては、ピクルス=野菜、マリネ=肉や魚、ということでしょうか。

和製英語化しているのでしょうが、マリネは「~する」「~した」と使う事もあるので、動詞や形容詞として使うような感じで、ピクルスは単に名詞なのかなぁ…


Kさん、こんなところで納得できますか?

出来ない時には…うーん(/_\;)

コメント

私がお教えしましょう。

ざっくりいきます。お分かりのように、どちらも材料は似ています。
ピクルスはずばり漬け物のひとつです。日本ではそう呼びませんが、世界的には白菜漬けもピクルスです。
マリネは調理方法のひとつです。アジの南蛮漬けはマリネです。
アジの南蛮漬けはピクルスではないし、白菜漬けはマリネではないですよね(^O^)/

Mr.Kさん、ありがとうございます。
マリネとピクルスは基本的には同じ物だそうですよ。
英語とフランス語の違いで、ニュアンス的には、ピクルスは乳酸菌発酵させる感じ。マリネは一夜漬けのイメージなんですって。(社長より)

まだ残ってるかな?手作り“青唐辛子のピクルス”…。
食べてみたいな…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。